トップページボタン

20XX年。時代は教育ママから教育オヤジへ。

はるか昔、子育て・教育は母親の役割とされている時代がありました。
教育ママ、という言葉が生まれたのもこの頃。

そして時は20XX年。
目まぐるしく変化し続ける社会の中、オヤジ達は立ち上がりはじめました。
その黎明期には、イクメンという言葉も誕生。
子育てに参加し、楽しみ、時には育児休業も取得したり。

そんなオヤジ達の活動はエスカレート。
仕事以外の時間を子育てに充てる、のみならず、自らの働き方や生き方も含めて問い直しはじめたのです。
大胆に、仕事のスタイルを変えたり、住む場所を変えたり。
そのナナメ上いく行動が時たまママ達をも困らせる、不器用で愛すべき男達…

彼らの名は、教育オヤジ。


20XX年。時代は教育ママから教育オヤジへ。

教育オヤジを日本に増殖させます

時代の大きなうねりとともに生きていく子どもたち。今後、学び育つ土壌や環境を考える中で、親世代も自らの暮らし方や働き方を、大胆に見つめ直すキッカケをつくります。
自称「世界の教育県・秋田」から、父親が、母親・子どもたちと共につくる、無限のあり方を提示していきます。

2017本年のプロジェクトは…
「教育オヤジイベント@東京」
「教育オヤジキャンプ@秋田」
の二つで構成されます。

images02

イベント・キャンプ情報